教師のストレス

お仕事は精神的にストレスがたまります。それは男性も女性も同じです。最近では精神的に病んでしまう教師が多いとも聞きます。体罰に対して厳しくなり、教師は生徒に対して怒れなくなっています。また、何かあった時すぐに親が出て来て文句を言いに来る人もいるそうです。俗に言うモンスターペアレントという人達です。親には理不尽な要求をされて、生徒には反抗されてと教師はとても精神的に負担がかかるようです。学級崩壊などという言葉が出て来たくらいひどいところもあるようです。生徒が先生のいうことを聞かないというのはかなりの問題です。それを先生の躾にする親も親です。先生のいうことを聞くように躾けるのは親の役割です。それを怠っておいて先生に苦情を言う親は恐いです。昔は先生の威厳が保たれていたので、先生が怒ると生徒は言うことを聞いたものですが、現在では先生の威厳が無くなってきています。生徒が増長してくると先生にはどうすることもできなくなります。先生の立場を守ることも良い教育のためには大切なのです。体罰は絶対に悪だとは思いません。生徒に怪我をさせるのは体罰ではなく暴力ですが、昔の先生は体罰と暴力を区別できていました。体罰とは愛情があるもので、暴力は愛情がありません。女性の教師で生徒が言うことを聞いてくれなくて精神的に病んでしまう人が増えていると聞きました。教師が休職に追い込まれる制度は改善するべきなのです。教育現場を理解して、それに対応した対策を打ってきっちりとした教育ができる環境にしていかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です