働く女性とメイク

働く女性にとって、美容やメイクは悩みや大きな関心ごとのひとつでしょう。
最近よく思うのは、若い女性ほど、化粧が濃いこと。
アラフォーの私としては、肌の綺麗な時期にもったいない!と思うのが正直なところです。勤め先の女性社員も、雑誌を見たままのお化粧で仕事に来るのでちょっと苦笑いしてしまいます。
雑誌に載っているままのお化粧が、本当に自分を綺麗に見せる方法なのかどうか、検証する時間は取っているでしょうか。
実は私はファンデーションを使っていません。だからと言って、会社のひとや取引先の方に、顔をしかめられた経験はありません。
むしろ、化粧崩れをしないので、お昼休みに鏡を見てげんなりすることもなくなり、その分ストレスが減りました。
基本の肌の状態がよいのに、ファンデーションを乗せて隠す必要はないかなと気づいたのはほんの数年前で、その当時はかなりファンデーションを止めることに勇気がいりました。けれど、止めてみて、肌も気持ちもとにかく軽くて、ファンデーションを塗る生活には戻れなくなりました。
化粧品メーカーの方がいたら、ごめんなさい。
ですが、日本の化粧品メーカーの作っている基礎化粧品がよいからこそ、アラフォーの現在も最良の状態で肌を保てていますし、急なトラブルにも対応出来ています。
TPOに合わせて部分メイクは取り入れているので、まったくのノーメイクではないので化粧品メーカーにお世話になっていることに変わりはないのです。
若いからこそ、今しか出来ないお化粧もあるのでしょうし、それを充分楽しんだから、基礎を楽しむ引き算のお化粧にぜひチャレンジしてみて欲しいですね。
休日だけでも、ノーファンデの日を設けてみて下さい。
意外と、自分の肌って綺麗だったんだって、気づけるかしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です